So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

織田記念 桐生祥秀 10秒01 [スポーツ]

織田記念で桐生祥秀(きりゅうよしひで)が 10秒01の日本歴代2位のタイムを出しました。

しかも桐生くんはまだ17歳の高校生!!(京都・洛南高校3年)

当然、ジュニア日本記録を更新。世界ジュニア記録ではタイです。


現在の日本記録は伊藤浩司さんの10秒00なので0.01及ばなかったことになります。

しかし17歳でのこのタイムは脅威的!!

世界記録はみなさんもご存知のウサイン・ボルト選手の9秒58。
ただ、ボルト選手も17歳の時には10秒01は出していません。


ホントに恐るべし17歳なのですが彼は今回の織田記念の前に2回ジュニア記録を更新しています。

10月5日の「ぎふ清流国体」・・・・10秒21(日本高校新&ジュニア日本新記録)

11月3日の「エコパトラックゲームズ」・・・10秒19(日本高校記録とジュニア日本記録、ユース世界最高記録)


そんな桐生くん、陸上を始めたのは中学生からだそうで自己タイムは10秒87。
高校に入り徹底的に体幹を鍛えたそうです。
すると練習の成果がでて自己タイムを10秒58まで伸ばしたそうです。

そして今年の高校総体のブロック大会では10秒27まで記録を伸ばし、国体で10秒21のタイムを叩きだし
陸上界では有名になりました。
その後は前記の通りです。

ちなみに10秒01のタイムを出したのは準決勝で決勝は10秒03のタイムで優勝。
2位はロンドン五輪、準決勝進出を果たした山縣亮太選手。

まだ17歳と成長段階なので日本人初の9秒台、そしてアジア人最速のタイムを出せる可能性は多いに
ありますね。
(アジア人最速はサミュエル・フランシス選手(カタール)で9秒99)







 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。